リアのトー調整に調整式サスマウント装着。

今日もラジコン天国下関に通ったのですが、昨日、ちょっと車高を上げたからなのか、相変わらずわかりませんが、何だかリアが横に流れる日でした。

もっと速く走りたい。
前々からリアをトーインにするとどのように変わるか、試してみたいと思っていて、この度調整できるパーツを注文していました。

20年以上前(笑)、実車でドリフトしていた際も、トーインは速いドリフト、トーアウトは横の安定感との認識でアライメントを調整していました。結局、ゼロで落ち着いたような気がしますが(笑)

それはそうと、帰ったらさっそく取り付け作業です。

ただ、ブログ書きながら、縦に速くなるのは良いですが、ドリフトアングルが維持できるだろうかとやや心配ではあります(笑)

周りのYD-2の方々は、角度がついていながらメチャ速いんですもん(^_^;)

取り合えず、取り付け。
リアの前後のサスマウントを交換します。

2つで5800円(^_^;)
けっこう高い・・・

取り付けにはサスピンのボールが必要でした。

これです↓

 

知らなかったので、お店にあったYOKOMO製を購入。

 

 

サスピンにボールがつくので、これだけでも動きがスムーズになりそうです。
↓上の黒いほうがGS2純正で、ただの穴にピンを入れるだけ。

 

↓左側2mmのサスピンのスペーサーを抜いて装着しましたが、ちょっと遊びが気になったので、右側のような0.5mmくらいのスペーサーを入れました。

 

 

後ろ側の調整するほうのサスマウントの取り付けには、ブロックを横から固定する8~10mmくらいの平ビスを準備しないといけません。こんな感じで、ビスにスペーサーを挟んでトーを調整します。

 

挟むスペーサーの厚みでトーが変わります。
今回は、取り合えず1.0mmを入れました。トーイン1.4度になりますね。

 

 

もうこれで、私の中では、構造的には概ね完成形・・・(/o\)
・・・リアAアーム化は保留です。

あとは、ダンパーなどのセッティングで、皆さんについていけるようになれるのか、ならないのか・・・腕はおいといてマシン的に・・・

いつものことですが、明日の走行が楽しみです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。