ヨコモの新サーボSP-02Dの実力は如何に?

昨日購入し、取り付けたヨコモの新サーボSP-02Dを装着し、さっそくラジコン天国下関へ向かいました。



ラジコン天国下関に到着後、端っこのテーブルに陣取り。
なぜかこの席が空きがちで、90%くらいの割合で私はこの位置にいるような気がします^^

準備して、いざコースへ!


さっそくですがヨコモの新サーボ、SP-02Dを使用した感想は、




いきなり結論ですが、メチャいいです\(^o^)/

※あくまで個人的主観





路面はハイグリップアスファルト。
※この写真は使いまわしです



ハンチング制御機能を搭載しているとのことなので、さっそくジャイロゲイン100%で走らせてみました(笑)


確かにハンチング出ません!スゴイ!(笑)


(今まではフタバのBLS571SVを使用していましたが、ジャイロゲイン60%以上になってくるとハンチングが顔を出してきていました。)


ジャイロゲイン100%で走らせると、長いコーナーでのドリフト中に車体がカクカクとした動きになりがちだったので、ゲイン80%設定に落としたところイイ感じにおさまりました。



少し気になったのは、フタバのBLS571SV に比べてサーボスピードが遅くなったためか、振りっ返しや、何でもないところで稀にスピンしてしまいました。

まぁ、慣れれば問題なさそうです^^



そして何よりメリットを感じたのは、コーナーからの立ち上がりの速さです。



↓ここのコーナーからの立ち上がりでアンダーが出やすかったのですが、メチャ速く曲がれるようになりました。


ドリフトでもグリップでも、立ち上がりのコントロール性が飛躍的に向上しました\(^o^)/

このコースでは、ここの最終コーナーで隊列を調整したいので、ここは課題でしたし、これは大きな武器となりました。



ヨコモさんのFacebookページで紹介されている、松崎氏のコメントをホント実感しました。




☆メリット
 ・安価
 ・ジャイロゲイン100%でもハンチングは出ません
 ・コーナーからの立ち上がりがとてもスムーズ
 



★デメリット?
 ・サーボのスピードに慣れていないためか、ちょっとスピンに気を遣う。慣れの問題?



〇まとめ
ジャイロV4の時も感動しましたが、このサーボも感動レベルで、とてもイイ買い物となりました。

ラジドリ初心者の方が最初に購入するサーボとしても、安価だし良いと思います。


ただ、私の腕がメカの制御に支えられて、繊細な操作の上達が出来なくなるのではと若干の不安はありますが・・・


もう開き直って便利なパーツをどんどん入れ込んで、それを使いこなしていきます!(笑)


しかし、さすがヨコモさんがRWDドリフトのためにつくったサーボ。これはおすすめです^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。