GRKにYD-2Sのミッションケースを何とかつけてみたい♪


今日もラジコン天国下関へ走らせに行きました。
YD-2SXは、すこぶる調子が良く、今までで最高に操作しやすかったです^^ 
あとは自分次第(笑)


YD-2SXは安定しているので、GRK GS2(グローバルスタンダード2)にも時間を掛けていこうと思い、帰り際にお店でGRK用にYD-2Sの部品を買いました。

お気に入りの新型リヤハブキャリアと標準のトランスミッションケースです。


リヤハブキャリアはお気に入りで、私のSX、息子のYD-2Sに続き3つ目の購入となりました(笑)


まあ、ハブキャリアはともかく、ミッションケースがうまく付けば良いのですが(笑)


以前、電源を入れてモーターをシャーシから外し床に置き、プロポでアクセルをON・OFFしてみたところ、モーターがゴロッ、ゴロッと動くんです。

それを見ると、確かに反トルクの効果ってあるのではないかと感じたり、逆にモーターを縦置きに設置するメリットって何だろう?と思うと、いてもたってもいられずYD-2Sのミッションケースを取り付けたくなったのです^^


YD-2用のミッションケースを取り付ける商品はあるんですけど、何とかYD-2S用を取り付けようと思います。
 YD-2用の場合はこんなのあります→ TAIL-SLIDER




↓取り合えず置いてみました。うん、格好良いです。
走りの追及はYD-2SXに任せて、GRKはオンリーワンなマシンとして楽しもうと思います。



うまく穴を開けられるかが少々不安。
ミッションケースの後側の穴開けは支障なさそうです。



リアサスの前側サスマウントの前にスパーギアの逃げ穴があり、その前に穴が3つ並んでいるのですが、この両端の穴にミッションケースの左右の取り付け穴が穴半分ずつ重なる感じです( ;∀;)

あ、もしかしたら長穴加工すれば逆に楽かもしれません。
気が楽になってきました(笑)



時間のある時に、穴開けにチャレンジしてみます!

ワクワクしてきました( *´艸`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です