ダンパーOHからの、リアトーインで試走♫

昨夜、ダンパーを交換をしたので、変化を確かめに走りに行きました^^

ドリフトのケツ出しや振りっ返しのキレを出したいという目的で、とりあえず気になるフロントダンパーの渋さを取りあえず改善したのです。

感触としては、昨日よりは全然良くなりました^^
動きがキビキビしたように感じます。


さらに加速を狙って、リアをトーインにしようと考えました。
今まではリアのトーはゼロでした。


GRK3のサスマウントを使っていますが、分割式になっていてスペーサーを入れられるようになっています。


極端にしたほうが違いが分かるので、3mmずつのスペーサーを入れてみました。



↓家に帰っての画像ですが、リアのトーはこんな感じです。



走った感じ全体良いのですが、角度をつけ過ぎると(つけ過ぎたいのですw)、振ったリアの戻りが遅いような、なかなか戻ってこないような、かなり気になる部分があります。

リアトーインで押出しが強すぎるのか、フロントのどこかに問題があるのかなのか、今までにない症状なのでちょっとチェックが必要(^_^;)



昨日のブログで、次なる手段は、「長くしているホイールベースを短くする」と書きましたが、短くせずにフロントのトレッドはリアに比べてワイドなので、リアのトレッドを広げてみたいと思います。


幸い、調整式サスマウントが家で余っているのを思い出したので、リアのサスマウントを前後とも調整式にしてトレッドを広げてみます^^

明日にでも作業しようと思います。


ドンドンいじっていきます!

腕を車でカバーするためです!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。