GRK一体型フロントアクスル投入♫

息子とネジの取り合いになっており、ネジ不足になってきました。

そこで、どうせなら軽量化と言うことで

チタン製のネジを購入。

他にアルミ製などいろいろと販売されていますが、取りあえずヨコモのチタン製にしました。

ボタンネジや皿ネジ、長さなど様々あります。

「六角レンチは先端が摩耗した物は使用しないで下さい」と、
わざわざ注意書きがあります。

最近ネジをよくナメる私にとっては、
フラグのように感じます(‘Д’)



サスマウントとかギアボックスなどシャーシに取り付ける場合は、
アルミやジュラルミンなど素材をもっと検討するのですが、今回はまぁ良いかなと(^^ゞ


フロントのギヤボックスの上側の8本と

あと、スパーギアの4本を交換。
もとの鉄製ネジは息子へあげます(^^ゞ

見た目はあまり気にせずチタンにしましたが、
ちょっとテカっていて、ワイルド感がでました^^


そして

本日のメインディッシュは、コレ↓

GRK RWD アルミ一体型フロントアクスル。

メーカーの説明(SHIBATAホームページより)

私の車両には、GRK3のフロントナックルが付いていて、
適応にはなっていませんが、ダメもとで買ってみました(笑)


確かに軽いです♫

組んでみると、ほんの若干ですがガタがあるので、(GRK3ナックルだから???)
うっすいシムを一枚入れました。

最初、付属のスペーサーを内側と外側に1枚ずつ入れて組んだのですが、どこかが干渉しているのかちょっと回転が良くない感じでした。原因を確認していません・・・
↑翌日に再度試すと大丈夫でした

次に、外側へ2枚スペーサーを入れてみました。
これで動きは良くなった感じです。

説明書では、スペーサーを2枚外側へ入れると、六角ハブでいうところの8.5mmになるようです。

今までGRK3純正の4mm六角ハブを使っていたので、

片側4.5mmもワイドになってしまいました(^^ゞ
ホイールはヨコモのオフセット6を使用。

タイヤがボディからかなりはみ出しています(^_^;)

一度これで走らせて、
調子よければ、もうちょっとワイドなボディをつけたいな~と思います。

とりあえずカッコウはどうでも良いので、
早く走りたいです♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です