劣化したステアリングはカバーで補修

そういえば、ハチロクを復活させて自分で作業したと言えば、
まさかの裁縫でした(笑)

ステアリングの皮部分がボロボロだったので、買い替えようとヤフオクでNARDIを見てみたんですが、けっこうな値段がするんですね(;^ω^)

5000円前後は、ほぼニセモノのようなものに感じますし・・・
どこかのブログに、書体が正規と違うとか、つくりが雑だとか・・・

ということで、補修することにしました。
↓コレ 約2000円。

パット見はかなりいい感じ、触り心地もGOOD!

YouTubeに縫い方がアップされているのですが、
面倒くさくて適当に巻いていきました。

スポークの部分とかけっこう雑ですが、
几帳面な方ならバッチリ仕上がると思います。

ステアリングは、握る部分なだけに愛着が湧きますよね?
劣化した際には、自力補修もご一考ください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

レトロ祭りに展示!?