ラジドリサーキットをつくりたい。店舗見学2回目。

下関では、ちょっと寒さが和らぎましたが、明日からまた寒くなるようです。

最近、街づくり団体とか、ボランティア活動でめっちゃ忙しくて、
なかなかラジコンに触れていません(^^ゞ


仕事もまともに手がついていないのですが、
無謀にもラジドリサーキットをつくりたいと思っていたりしてまして(^^ゞ

今日は、友達4人(先輩方です)と一緒に昨年見学した賃貸テナントをもう一度見に行きました。

実際に走らせてスペースや下階への音の影響などを確認し、
ラジドリ歴の長い先輩方にその他いろいろとチェックや助言をしてもらいました。


冒頭に書きましたが、街づくり団体で活動しているのは、衰退していく街を、より豊かに次世代へつなげていきたいという想いなのです。

私は、
「理想のラジドリ環境をつくりたい!」

というより

「大好きな車を通じた社会活動にチャレンジしたい、街にワクワクする場を創りたい」

という想いのほうが強いのです。



と言うことで、通常、スタッフ無人のサーキットをどうにかつくれないかと思案中。


先輩がたと長くラジドリについて語らえて、
とても有意義な1日となりました。



その後、18時半からバッテリー1本分だけラジコン天国下関で走りました。

2カ月ぶりくらいにMC-1を走らせましたが、
まぁまぁ走ってくれました^^


今から、ラジドリコースについて助言を頂いたことなどをまとめます。

ただ、
感染対策は十分に対策しますが、コロナの状況というのがなんとも・・・・
でもアフターコロナから動き出したのでは遅いような・・・
というタイミングに感じています。


「やらないで後悔するより、やって後悔する」
という座右の銘が背中を押してきます(笑)

もしやらなかったら、「あの時やっていたら、どうなっていたのだろう?」
って、たぶんずっと思い残すような気がするんですよね~


コースをつくったは良いが、走る人が少な過ぎたらキビシイので、

良かったら下関近郊のクルマ好きの方(かつモラルのある方(^^ゞ)、
ラジドリを始めてみませんか?♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です